エロ妻とSEXできる!不倫サイトでバレずにセフレ募集をするには?

W不倫の方がバレにくい理由

不倫相手が未婚者と、既婚者では、バレる確率は圧倒的に違いが出ると言えます。
それは既婚者であれば、W不倫となりますが、お互いが不倫とはこうゆう事をされると困るという事を言わないでも分かってくれます。
対して、未婚者の場合は、周囲にバレないように気遣って行動してくれているとしても、それはあくまでもこうした方がいいんだろうなという想像の中で動いています。
そのため、現実を知らないために、はっきり言って対策が甘いのです。
もっと慎重に行動してくれないと、困るから、そうお願いしたとしても、どこがダメなのかイマイチ理解が出来ません。
そしてそれは未婚者の人が悪いのではありません。
経験をした事がない事を、全て理解して欲しいというのは元から無理な話だと言えるでしょう。
なので、不倫は相手が未婚者で不注意でバレてしまったけれど、今のはなかった事にして・・・・という事は通用しません。
一度でも失敗をして不倫関係がバレてしまったらアウトです。
一度の失敗も許されないわけですから、万全を期すという意味でも最初から不倫相手はW不倫を選んでおく方が得策だと言えるでしょう。
またW不倫の場合はお互いに家庭が最優先です。
ですが未婚者の場合は、不倫相手を最優先してしまいますし、自分も最優先して欲しいと思ってしまいます。
その感覚のズレが、大きなトラブルを生む事もあるので、どれだけ未婚者の若い女性が魅力的であっても既婚者の女性を選ぶべきだと言えます。

あなたは不倫に対して肯定派ですか?それとも否定派ですか?

不倫に対する意見は、きっぱりと肯定派と否定派に分かれるでしょう。
肯定派の大半は自分自身も不倫をしているはずです。
それはそうですよね。不倫を悪い事だと思っていません。むしろ不倫をする事で家庭は円満になると考えているわけです。
なぜ不倫をする事で家庭が円満になるのか?肯定派の意見を紹介します。
欲求不満の状態では、ストレスでイライラしてしまい、家族に優しく出来ない、だけど不倫で欲求不満が満たされたら、家族にも優しくなれるというわけです。他にも嫌がる妻にセックスを強いるよりも、外で欲求不満を解消する方が夫婦仲も良好になるはずだ。
確かにそんな考え方も一理あります。
ですが、不倫否定派は、そんな意見は受け入れません。
結婚をして、妻以外の相手とセックスをする行為は浮気だ、裏切り以外の何物でもないというわけです。
この場合、欲求不満は自己処理するか、風俗などでも解消できる、なのに不倫を選ぶのは、不倫相手に恋愛感情があるからなのでは?
そんなふうに疑うわけです。
もちろん、恋愛感情の有無は人それぞれ違います。
ですが、一つだめ明確な事は、不倫肯定派と不倫否定派が話し合いをしたところで、話は平行線で分かりあえる事はないという事です。
そのためもし不倫をしている不倫肯定派の夫が、不倫否定派の妻を懐柔しようと思ってもムダです。
絶対にバレないようにするしかありません。

もしかするとパートナーは不倫に気づいているかも

不倫をしている人は家族にバレないように、注意して不倫をしています。
しかし、家族は一緒に暮らしているわけですから、ちょっとした変化であっても気づかれやすい状態です。
あなたは不倫について、バレていないと思っているかもしれませんが、もしかしたらパートナーは不倫に気づいている可能性があります。
パートナーの不倫に気づいた場合に、どのような行動に出るかというと、不倫について本人に問い詰める人もいるでしょう。
または探偵などを雇い、物理的証拠を手に入れようとする人もいるかもしれません。
物理的証拠は、離婚の際に、慰謝料を請求する時に証拠として提出される可能性もあります。
不倫に対して裏切られたと感じ、即離婚を考える場合は、問い詰めるでしょう。
この場合は不倫がバレた事がすぐに分かります。
ですが、不倫に気づいたけれど、黙っているというケースもあります。
それはなぜか?というと、不倫について騒いだら、離婚をする事になり、離婚をされたら困るという場合です。
小さな子供がいて、妻が専業主婦の場合は、シングルマザーになったら子供を育てる自信がないと不倫に対して我慢して見て見ぬふりをする人もいるかもしれません。ですがこの場合は、我慢しているだけです。時限爆弾のように、その時は爆発をしなくても、子どもが大きくなった時に爆発をする可能性があります。最近は熟年離婚をする夫婦も少なくありません。
男性としては、寝耳に水な話で、何年も前の不倫の話を持ち出されても、今更?と感じてしまうでしょうし、老後の人生で妻がいない生活は考えられないかもしれませんね。ですが、それこそ妻の復讐なのかもしれません。
なので、不倫について何も言われないからバレていないと安心するのは、まだ早いのかもしれません。

プラスの不倫とマイナスの不倫

不倫自体は、世間的に見れば悪い事なのかもしれません。
ですが、世間的な判断よりも、自分が不倫をする事によって、どう変わるのか?の方が重要だと思いませんか?
不倫にはプラスの不倫とマイナスの不倫があります。
プラスの不倫とは、例えば仕事が忙しくストレスの溜まる毎日で、疲れて自宅に帰れば育児に協力的ではないと妻の小言が延々と続き、寝る時は夫婦は別室で、もう長い間セックスレスの状態。
こんな毎日では、欲求不満になりますし、ストレスも溜まりまくり癒しが必要です。
ですが、欲求不満も癒しも妻は与えてくれません。
なので、欲求不満と癒しを求めて、不倫をするというわけです。
この場合の不倫とは、お互い割り切りのセフレ関係の事で、セックスをしてスッキリして、しかも愚痴を聞いてもらったり、人肌に癒されるなど、心も身体も久しぶりに満たされたと感じるのではないでしょうか?
辛い日々の中で、不倫が息抜きになっていて、不倫があるから頑張れる、プラスの不倫だと言えるでしょう。
ではマイナスの不倫はどのような不倫なのかというと、不倫相手に真剣になってしまった場合です。
この場合既婚者ですから、不倫相手との恋が実るわけではありません。
家族も大事で不倫相手も大事、そんな板挟みの状態で悩んでしまうでしょう。
そして家族を選んで不倫相手と別れるのも辛いですし、かといって離婚をして不倫相手と再婚しても、大きな負担が伴います。
つまりどっちに転んでも幸せになれない不倫は、マイナスの不倫だと言えるでしょう。
感情は自分でコントロールできるものではありませんが、それでも不倫をするのなら、プラスの不倫をする事をおススメします。

家庭と不倫の役割分担

家庭の事は大切で壊したくないけれど、不倫をしている。
一見矛盾をした行動に見えるかもしれません。
ですが、その人の中では矛盾はしていないのです。
それは家庭と不倫とでは、それぞれ役割分担があり、求めているものが違うからです。
家庭には、安らぎや安定を求め、不倫ではセックスや刺激を求めるという人は多いのではないでしょうか?
もちろん、そんなのは都合がよすぎると、不倫をするのは家族への裏切りだという人もいるでしょう。
ですが、恋愛と結婚は別ですよね。
恋人にしたい相手と結婚相手とでは、選ぶ条件が違ったはずです。
そして結婚相手には、一緒に生活をする相手を選んでいます。
そのため長年一緒にいる事で、情はあっても恋愛感情ではないのかもしれません。
不倫に関しては、恋愛感情の有無は人それぞれです。
結婚後に、本当に好きな人と出会ってしまったと、不倫相手を真剣に愛する人もいるはずです。
そうかと思えば、不倫相手とはセフレ関係で恋愛感情は一切ない。欲求不満さえ解消出来たら満足という人もいます。
恋愛感情があった方が、その後修羅場になる可能性があるので、あまりおススメできませんが、感情はそう簡単にはコントロール出来ませんよね。不倫がよくない事だと分かっていても、してしまうのは、その人にとって不倫をする必要性があるからだと言えます。

携帯電話は見られる可能性が大きい

携帯電話を勝手に見る女なんて最低だ。
そう思う男性は多いと思います。
しかし、女性が男性の携帯電話を勝手に見てしまうのには理由があります。
それは男性の浮気や不倫を疑っているからです。
そして浮気や不倫をしている場合は、携帯電話でやり取りをしているだろうから、携帯電話の中には証拠が残っているはず。
だから浮気や不倫の有無を明確にするために、携帯電話を勝手に見てしまうという訳です。
特に妻の場合は、一緒に暮らしているわけですから、夫の携帯電話を見る機会なんていくらでもあります。
お風呂に入る時に、お風呂場まで携帯電話を持っていくのは、怪しいですよね。
ですが、部屋に置いておくと見られる可能性があります。
パスワードでロックをかけているから大丈夫。
そう思って安心して携帯電話を妻の目の前に置いている人もいるかもしれません。
ですが、携帯電話のパスワードなんてたったの4桁だけです。
そして、夫がどんなパスワードにするか、推測する事は可能です。
なので、他人の場合と比べると、妻の場合の方がパスワードのロックを外せる可能性は高いと言えるでしょう。
メールや着信履歴はその都度全て削除している。
そう安心していても、携帯電話の通話料金はいきなり多くなったら、やっぱり怪しまれてしまいます。
このように携帯電話は不倫がバレる可能性が高いので、その扱いについては十分に注意をして下さい。

経験者の意見を聞こう

不倫をしていて、悩んでいたり、妻に不倫を疑われている場合に、その疑いを晴らすためにどうしたらいいのか分からない。
そんなふうに経験者に意見を聞きたいと思う事もあるでしょう。
しかし、残念ながら不倫をする人が増えてきたといっても、周囲に公言して不倫をしている人は滅多にいません。
そのため日常生活の中では、誰が不倫経験者なのか、見当がつきません。
では、不倫経験者の意見を聞こうと思ったらどうしたらいいのか?というと、不倫サイトを利用する事です。
不倫サイトには、初めて不倫をするために、不倫相手を探している不倫初心者も存在しますが、その多くは不倫をした事がある不倫経験者です。そして経験者なので、あなたの悩みについて、的確な解決方法を知っている可能性があります。
不倫サイトでは、不倫相手だけを探すサイトと思われがちですが、不倫友達という言葉があるのかどうか分かりませんが、お互いに不倫をしていて、不倫をしている事の悩みを相談できる相手がいたら心強いですよね。
そして同じように感じている人もきっといるはずです。
なので、不倫サイトで不倫友達を募集してみたらどうでしょうか?
不倫をしている人は、周囲に相談できない、秘密を漏らす事が出来ないけれど、不倫をしている事を誰かに話してしまいたい。
そんなふうに思っている人も少なくないので、不倫友達を募集すれば、きっと不倫友達になりたいという人からのメールが届くでしょう。

結婚相手よりも不倫相手に本気になる理由

結婚相手を選ぶ時、大恋愛の末に結婚をしたという人もいるでしょう。
この場合は、結婚後もラブラブな結婚生活を送れるのかもしれません。
ですが、結婚相手を選ぶ時に条件で選んでしまったという人もいるはずです。
恋愛と結婚は別と考える人も少なくありません。
恋愛は好きになった相手とするけど、結婚は、相手が長男なのか、それとも次男なのか、仕事は何をしていて収入はどれぐらいあるのか?
子供を作る以上は相手の遺伝子も気になります。学歴は?身長は?見た目は?
そして一緒に生活をするので、価値観が大きく違うと難しいでしょう。
特に食の好みだったり、金銭感覚は似ている人がいいですよね。
このように結婚相手として最適な相手を選び、結婚して順調に子供も生まれたとしましょう。
決して不幸なわけではありません。
ですが、条件で選んだ結婚相手とは、恋愛をしているのか?というと、夫で子供の父親として大切な相手だけど、好きな相手として見る事は出来ないのかもしれません。
子供が小さいうちは育児に追われて、そんな事を考える余裕はありません。
ですが、子育てもひと段落して、このまま自分も年をとって女性としての魅力を失っていくのかと思うともう一花咲かせたい、そんな気持ちになる女性もいるでしょう。
そしてもう一花咲かせるために、不倫をしてしまうのです。
離婚については考えていないので、不倫相手は条件で選ぶのではなく、純粋に好みの相手を選びます。
そうすると、夫よりも不倫相手と好きになってしまうのも、もう時間の問題だと言えるでしょう。